2006年12月20日

Code::Blocksの環境を整える

いよいよ統合環境が使えるようになった。
しかし一筋縄にはいかない。
私の場合、つぎのようなことが必要だった。


[Build]-[Compiler options]メニューを選び、
[Other]タグで、
[Build methord]: Work with Makefiles (GNU "make" is required)
と設定した。


「wx_pch.h」が必要なようである。
Code::Blocksを解凍したディレクトリ下、src/templates/common/から、プロジェクトの作業ディレクトリへコピーしてくる。


Code::Blocksは、ユニコード(国際化)対応のソースコードは出してくれないようである。
文字列を全て、wxT("")で囲む必要がある。
posted by ysfactory at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | LinuxにwxWidgets環境を構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29952185
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。