2006年12月06日

立ち上げ時に自動的にライブラリパスを通す(危険かも?)

立ち上げ時に自動的にライブラリパスを通す(危険かも?)

wxWidgetsで作成したプログラムを実行させるためには、ログインするごとに共有ライブラリパスを設定しなければならない。
しかしそれではたまらないので、自動的に行えるようにしたい。

通常こういうとき、Unixな人は、シェルが起動するときに実行されるスクリプトファイルに書くのだろうか?
それでは、ユーザごとに書かなくてはならないの?・・

めんどくさいので、誰がどこに居ても有効な方法をとる。
/etc/profile.dに、サフックスが「.sh」のファイルを作成する。私は「wxWidgets.sh」にした。
そこに
export LD_LIBRARY_PATH="/usr/local/lib"
と1行書く。
そのファイルに実行権をあたえる。
これでOKである。

しかしこれでは、ほかでLD_LIBRARY_PATHに設定されていたら、その設定は消されてしまう・・と思われる。
※これはやっぱり危険かもしれない!後にクラッシュしたのは、これが原因しているかも知れない。
posted by ysfactory at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | LinuxにwxWidgets環境を構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。