2006年12月03日

Code::Blocks(統合環境)

wxWidgetsを使って、なんとかアプリケーションがビルドできるようになった。
けれど、プログラム開発を始める前に、調子に乗って統合環境もそろえておこう。
馴れないLinux環境で、道に迷うのもなんだし・・

ウエブを、パラパラと見てみると、Code::Blocksというのがあるらしい。
海のものとも、山のものとも知らないが、とりあえずなんとかしてみよう・・

rpmによるインストールを試みたが、うまくいかなかった。
「警告: user daniel does not exist - using root」と言われるが、
==ダニエル君って誰?(開発者らしい)、私は誰?(rootのはずである)!==

仕方ないので、「codeblocks-1.0rc2.tgz」を入手してやってみた。
ファイルの解凍はGUIで行った。
解凍したディレクトリに入ったところから始める。

●改行コードの変更
まずは改行コードを変換しなくてはならないらしい。
# find ./ -name "*" \
-type f \
-not -name "*.bmp" \
-not -name "*.cur" \
-not -name "*.dll" \
-not -name "*.ico" \
-not -name "*.png" \
-not -name "*.svg" \
-not -name "*.url" \
-not -name "*.xpm" \
-exec dos2unix -k {} \;
これだけのコマンドを何回も打つのは大変なので、私はスクリプトファイルを作ったが、1回で成功した。

●メイク・インストール
# export ACLOCAL_FLAGS="-I `wx-config --prefix`/share/aclocal"
←←これがミソである。これをしないとエラーが出た!
# sh bootstrap
# ./configure
# make
# make install

●実行
「codebloks」で実行できるが、「アプリケーション」ー「プログラミング」メニューに「Code::Blocks IDE」が出来ている。

●入手ファイル
codeblocks-1.0rc2.tgz

●入手元URL
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=126998

●参考URL
★C++開発統合環境の決定版!
http://python.matrix.jp/apps/code_blocks.html
★Code::Blocksホーム(英語)
http://www.codeblocks.org/
★Build/CodeBlocks<<脳味噌ぶら〜ん ウィキ(NomisoBraaan Wiki)
http://www.nbrains.net/php/pukiwiki/index.php?Build%2FCodeBlocks
★Installing Code::Blocks from source on Linux<<the official Wiki for Code::Blocks
http://wiki.codeblocks.org/index.php?title=Installing_Code::Blocks_from_source_on_Linux
posted by ysfactory at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | LinuxにwxWidgets環境を構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28828145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。