2006年05月22日

ドキュメントクラスへの更新のセット

 テキストコントロールからの、テキスト更新イベントを受けて、ドキュメントクラスの更新をセットしにいく。
 テキスト更新イベントは、最初にテキストを渡したときなど、余計なときも飛ぶので、本当にテキストが変更されているかどうかを確かめてからセットしにいく。
 これにより、今まで無効だったファイルセーブメニューが有効になる。

SWSDIView.h
class SWSDIView : public wxView
...
private:
void OnTextUpdated(wxCommandEvent& event);
DECLARE_EVENT_TABLE()
...
};


SWSDIView.cpp
BEGIN_EVENT_TABLE(SWSDIView, wxView)
EVT_TEXT(-1, SWSDIView::OnTextUpdated)
END_EVENT_TABLE()


void SWSDIView::OnTextUpdated(wxCommandEvent& event)
{
GetDocument().Modify(m_textControl->IsModified());
}
posted by ysfactory at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | wxWidgets:単一ウインドウSDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。